子育てを豊かにする教育のお話:大人の「これまで」で、子どもの「これから」を邪魔しない。

結論:大人のこれまでのプチ体験で子供のこれからの人生の経験を邪魔しない。

「人生の素晴らしいことは快適ゾーンの外で起きている」という言葉があります。

言葉を聞いて理解することと、経験して冷や汗をかいて身に染みさせていくことは違います。

多くの場合は、言葉を想像し、経験をせずに、わかっている気になっています。

わかることが目的ではありません。価値にしていくことです。

子どもたちが成長して、大きくなっても、手をひいて、アクションをとらない子どもに、快適ゾーンの大切さを伝え続けたいのか。

それとも、手を離し、快適ゾーンの外に出る経験をさせ続け、彼ら自身が人生において「快適ゾーンの外に出る」この大切さを自分を作る価値にして自身を押し出していく推進力にしていくのか。

大人の「これまで」で、子どもの「これから」を邪魔しない。

プチ体験は経験でない。プチ体験のアドバイスは迷惑なものです。

「できないと思うよ」

「無理だと思うよ」

「大人でも大変だよ」

それは、全部、プチ体験からの言葉。

本当に経験しようとする子たちにはそういった言葉は必要ないです。

それより、チャレンジしていく子どもたちを応援してください。

その方が気持ちがいいでしょう。

投稿者: hirosopherfp

アメリカのギフティッド教育を専門とする私立中学校で2002- 2012の10年間教鞭をとった後、2012年、Feelosopher's Path教育コミュニティーを設立。「思春期を黄金期にする!」と生徒たちの成長に没頭してきた教育家が、子育てに奮闘しながら、教育コミュニティーを通して沢山のご家族と子育てを満喫しています。趣味は登山とキャンプ。最近はロッククライミングも始めました。2児のパパ。 今瀬博 Feelospher's Path 共同設立者

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。